01.北海道・東北地方

秋田県の防災サイト

ワンポイント秋田県

秋田という地名の起こりは古く「日本書紀」では「齶田(あきた)」、「飽田(あくた)」の名で登場しており、「続日本紀」では「秋田村」の名がみられます。

県内いたるところから旧石器時代や縄文・弥生時代の遺物が出土しており、少なくとも2、3万年前には人々の生活が営まれていたことされています。県域には、古来出羽国と陸奥国が属していました。平安時代、前九年の役(1051年)、後三年の役(1083年)を経て、安倍氏、清原氏といった豪族が倒れ、出羽国は平泉藤原氏の治めるところとなりました。

16世紀前半には安東氏が津軽から進出し、現在の秋田市土崎に湊城を築き、秋田氏を名乗り大きな勢力を誇るようになりました。一方、県南部では小野寺氏、戸沢氏が秋田氏に次ぐ勢力を有していました。江戸時代になり徳川幕府が誕生すると、秋田氏をはじめ主だった大名は常陸(茨城県)へと国替えとなり、秋田6郡は常陸から転封された佐竹氏の支配下に入り、佐竹氏は明治までこの地方を治めることとなりました。



秋田県の防災サイト

県内の気象情報や天気情報が充実しており、災害時だけでなく、日頃から様々な場所の気象情報としても便利なサイトです。防災メールとして事前に登録しておけば、対象地域の避難情報などがすぐに理解できます。 気象庁がまとめた災害時の映像にリンクしていることも魅力的です。

以下のボタンをクリックすると、秋田県の防災サイトが表示されます(新しいウィンドウで開きます)。秋田県にお住まいの方は、災害が起きる前にどのような情報が、どこに掲載されているか、事前にご確認をお願いいたします。また、ご家族、ご友人が秋田県に住まわれている場合は情報を共有して頂けますと幸いです。秋田県には住んでいないけど、旅行や出張の予定があるという方も、ぜひ一度、ご確認していただけますようお願いいたします。

秋田県の防災サイトへ

「災害に備え、命を守る!PROTECT-U」は2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災を機に活動を開始しました。長いこと草の根レベルの活動を続けていましたが、台風、大雨、洪水、地震、噴火などの自然災害が多い日本で一人でも多くの方に「万が一の備え」をしてもらいたいという気持ちから、2018年(平成30年)より、「災害に備え、命を守る!防災ポータルサイト PROTECT-U」を作成しウェブを利用した活動も開始しました。このサイトが一人でも多くの方に届くことを願いながら活動していきます。もしよろしかったら、以下の各SNSのボタンで共有して頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。