02.都道府県別情報

沖縄県の過去の災害情報

沖縄県の過去の災害情報

沖縄県で発生した過去の災害をまとめました。過去の災害から何を学び、将来の災害対策としてどのような備えが必要でしょうか。

万が一の時に被害を最小限に抑え、一日も早く通常の生活に戻れるよう、心構えや備蓄など、個人レベルで出来るところは用意しておきましょう。

2017年台風18号(2017年)

2017年(平成29年)9月9日、マリアナ諸島で発生した台風18号は、発達しながら北上を続け非常に強い勢力で13日に宮古島付近を北上した後、17日11時30分頃、鹿児島県南九州市付近に上陸した。その後は高知県に再上陸し四国を通り、17日夜には兵庫県明石市付近に再上陸、近畿・東海・北陸地方を進んで新潟沖の日本海で温帯低気圧に変わった。

当初は「北海道に上陸(史上初の九州・四国・本州・北海道への上陸台風)」とされていたが、気象庁の事後解析で、北海道への上陸前に温帯低気圧に変わっていたと修正されている。死者5人、負傷者72人、浸水・損壊家屋9,000棟以上の被害が生じた。特に台風周辺の発達した雨雲がかかった九州で大雨となり、津久見市など大分県南部では河川氾濫が相次ぎ、浸水・損壊家屋が多数に及んだ。

台風並に発達した低気圧による暴風被害(2012年)

2012年(平成24年)4月3日、24時間で中心気圧が42hPaも低下するという極めて稀な発達を見せた低気圧が日本列島を通過した。この低気圧の通過に伴う暴風で、全国で4人が死亡、約500人が負傷したほか、広範囲で停電が発生し、交通機関も大幅に乱れた。

この暴風では、気象庁から事前に外出を控えるよう異例の注意喚起が出され、企業が従業員に対して交通の混乱による帰宅困難を回避するために早期帰宅を促すなどの措置がとられた。

平成15年台風14号(2003年)

2003年(平成15年)9月10日から14日にかけて台風14号が日本列島に接近した。マリアナ諸島で発生した台風14号は発達しながら北西に進み、中心気圧910hPa、最大瞬間風速55m/sの猛烈な強さとなって11日明け方に宮古島付近を通過し、その後は東シナ海から日本海へ進んだ。

宮古島は過去にも度々勢力の強い台風が襲来しているが、この台風の通過時の最低気圧912.0hPaは全国の歴代4位、また最大瞬間風速74.1m/sは同地における歴代4位の記録となっている。また、期間降水量も西日本で300~450mm超に達した。この台風で、全国で3人が死亡、110人が負傷し、浸水・損壊家屋は1,900棟以上にのぼった。



第3宮古島台風(1968年)

1968年(昭和43年)9月22日から25日にかけて、後に「第3宮古島台風」と命名された台風16号が南西諸島から九州地方に接近した。9月18日に沖ノ鳥島の南南東の海上で発生した台風は発達しながら北上し、22日夜半頃宮古島付近を通過、その後は南西諸島沿いを北上して24日23時過ぎに鹿児島県串木野市(現在のいちき串木野市)付近に上陸した。上陸後は勢力が衰え、九州北部地方で熱帯低気圧に変わった。

最大瞬間風速は、台風が通過した宮古島で79.8m/s、久米島で62.4m/s、鹿児島県枕崎市で50.1m/sなど台風周辺で特に暴風となった。また、台風の北上に伴って前線の活動が活発となり、三重県尾鷲市では日降水量806.0mmを記録する大雨となった。この台風で、宮古島では暴風、鹿児島県では高潮や塩害による被害が大きく、11人が死亡し、浸水・損壊家屋は20,000棟以上にのぼった。

第2宮古島台風(1966年)

1966年(昭和41年)9月5日、「第2宮古島台風」と命名された台風18号が宮古島を通過した。8月31日にグアム島の西の海上で発生した台風は、発達しながら北西へ進み、9月5日9時頃、宮古島に最も接近した。

宮古島付近を台風がゆっくり進んだことと台風の発達のピークが重なったため、宮古島では長時間にわたり大雨と暴風に見舞われ、最大瞬間風速は富士山頂を除き国内で観測史上1位となる85.3m/sを観測した。この台風により、41人が負傷、損壊・浸水家屋は7,700棟以上にのぼり、特に宮古島では島の半数以上の住宅が損壊する大きな被害となった。

宮古島台風(1959年)

1959年(昭和34年)9月15日、後に「宮古島台風」と呼ばれるようになった台風14号が沖縄県(当時はアメリカ施政下)の宮古島を通過した。9月12日にグアム島付近で発生した台風は、15日夜に非常に強い勢力で宮古島を通過し、その後東シナ海から対馬海峡を通過して日本海に進んだ。この台風の通過時に宮古島では908.1hPaという記録的な最低気圧を記録し、最大瞬間風速64.8m/sを観測した。

この台風で、宮古島では島の7割にあたる16,000棟の住家が損壊した。また、長崎県や遠く北海道でも波浪や高潮による浸水害が発生するなど、全国で死者・行方不明99人、浸水家屋14,360棟の被害となった。

台風3号、鹿児島県大隅半島上陸(1956年)

1956年(昭和31年)4月25日7時30分頃、台風3号が鹿児島県大隅半島南部に上陸した。4月16日に日本のはるか南のカロリン諸島で発生した台風3号は、西寄りに進んでフィリピン・ルソン島に上陸後、南シナ海で進路を北寄りに変え、南西諸島沿いに北上し、鹿児島県に上陸している。

これが台風の統計資料が残る1951年(昭和26年)以降では最も早い台風の上陸記録である。なお、この台風は上陸後間もなく9時に消滅している。

低気圧急発達「メイストーム」(1954年)

1954年(昭和29年)5月9日、低気圧が急速に発達しながら日本海西部から北海道東方海上へと進み、翌10日にかけて広い範囲で大荒れの天気になった。暴風や高波により漁船の沈没や消息不明などの海難事故が多発し、死者・行方不明者は約400人に達した。

この荒天が「メイストーム」(5月の嵐)の語源となった。

「災害に備え、命を守る!PROTECT-U」は2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災を機に活動を開始しました。長いこと草の根レベルの活動を続けていましたが、台風、大雨、洪水、地震、噴火などの自然災害が多い日本で一人でも多くの方に「万が一の備え」をしてもらいたいという気持ちから、2018年(平成30年)より、「災害に備え、命を守る!防災ポータルサイト PROTECT-U」を作成しウェブを利用した活動も開始しました。このサイトが一人でも多くの方に届くことを願いながら活動していきます。もしよろしかったら、以下の各SNSのボタンで共有して頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。